ブログへの集客には利便性を高めることが重要!『沈黙のWebライティング』で学ぶ6つの方法

ブログ
スポンサーリンク

こんにちは、サブです。

沈黙のWebライティング』を読みました。

ブログをはじめとするWebサイトに、たくさんの人に来てもらうためには、「ユーザーにとっての利便性を高める」ことが重要ということでした。

そのために、いくつかの方法の解説がされていましたので、自分なりの解釈を含めて「6つの方法」として整理をします。

スポンサーリンク

ユーザーにとって利便性が高いとは

  1. 悩みに対して、的確な答えを返している
  2. 悩みを網羅的に取り上げて、答えを返している
  3. 素早く答えが分かる
  4. 見やすい、分かりやすい
  5. 信頼できる
  6. 情報が新しい

特に「1.悩みに対して、的確な答えを返している」が重要。
そのために、検索してくる人の検索意図を把握して記事を書くことが重要。

スポンサーリンク

方法1:あるキーワードに対しての検索意図を把握する

「1.悩みに対して、的確な答えを返している」を満たすために、検索意図を把握することが重要。

「Googleキーワードプランナー」で、関連キーワードを確認

  • 該当キーワードで検索する人の意図を、関連キーワードから推測する

Q&Aサイトで、該当キーワードに関連するQ&Aを確認

  • Yahoo!知恵袋」など
  • 質問とベストアンサーから、どのような答えが的確なのかを把握する
  • 閲覧数の多い質問から、該当キーワードで興味を持つ人が多い内容を把握する

キュレーションサイトで閲覧数の多い記事を確認

  • 閲覧数の多い記事から、該当キーワードで興味を持つ人が多い内容を把握する

Google検索結果の上位10件のページを分析

  • 具体的な分析方法はイメージしづらいが、その時点でのGoogleのアルゴリズムのノリが分かると、上位表示のヒントが得られるかも

方法2:比較で何かを目立たせる

「2.悩みを網羅的に取り上げて、答えを返している」を満たしたいが、情報を並べるだけではNG。
記事で伝えたいことを目立たせたい。

  • 中立の立場で事実を並べる
  • その上で、比較の軸をもって情報を絞って見せる
  • これを、ページの上に表示する。事実は下に並べる

事実を単純に並べるだけだと、パッと見たときに読む気をなくす。
何らかの解釈でまとめ上げた結果をまず上に持ってきて、その根拠となるような事実を並べる構成が良さそう。

方法3:見やすく、分かりやすく、記事を書く

「4.見やすい、分かりやすい」を満たすための方法。

前提として

人の脳は「システム1」と「システム2」の思考がある。

  • システム1で、瞬間的に良い悪いをふるい分け(感覚)
  • システム2で、冷静に判断(論理)

そのため、それぞれの思考に対して下記を意識する。

  • システム1向けに、心理的ハードルを下げられるよう「見やすく」
  • システム2向けに、論理をしっかりして「分かりやすく」

見やすく

  • 改行と行間をリズムよく
  • ひらがなと漢字をバランスよく
  • 「この」「その」「あの」を減らして、主語を明確に。途中から読んだ人でも分かるように
  • 箇条書きで要点整理
  • カテゴライズで整理
  • 文章をできるだけ短く

分かりやすく

  • 「主張」⇒「理由」⇒「根拠」の順で書く
  • 主語と述語を近づける
  • 修飾語と被修飾語を近づける
  • 修飾語が複数の場合は、短い方の修飾語を被修飾語に近づける

方法4:記事の内容を自分事として捉えてもらう

「5.信頼できる」を満たすために、どんな人が書いた記事なのかを明らかにする。

  • 感情表現を入れる
  • 自分がどんな人かを紹介する
  • 誰に向けて書かれた記事なのかを明らかにする

方法5:ファーストビューに伝えたいことをまとめる

「6.情報が新しい」を満たすために、いつ更新された記事なのかを明らかにする。

  • いつ更新された記事なのか
  • 誰に向けて書かれた記事なのか
  • どんな内容が書かれているかの概要
  • どんな内容が書かれているかの俯瞰(目次)
  • どんな人が書いた記事なのか

方法6:タイトルでSEO+人の目を引く

  • キーワード選定は、テールも含めた全体の検索回数が多いワードか、という観点も持つ
  • 自分ごととするために、感情フレーズを頭に付ける
  • そのページから得られるメリットを明示する

コメント

タイトルとURLをコピーしました