MacBookにPythonをインストール!Homebrewとpyenvで簡単設定

IT
スポンサーリンク

こんにちは、サブです。

 

今回は、MacBookにPythonをインストールする手順をまとめます。

大まかには、下記のような流れになります。

  1. Homebrewのインストール
  2. pyenvのインストール
  3. pythonのインストール

MacにPythonをインストールしたことがない方に、参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

Homebrewのインストール

まずは、Macでパッケージ管理をするために、多くの人に使われている「Homebrew」をインストールします。

Homebrewで、色々なパッケージをMacに簡単にインストールできますので、おすすめです。

 

「Homebrew」のインストール手順は、下記に詳しくまとめています。

 

大まかな手順は、下記の通りです。

  1. Homebrew」公式ページで、インストール用のスクリプトをコピーする
  2. 「ターミナル」にスクリプトを貼り付けて実行

 

スポンサーリンク

pyenvのインストール

Homebrewをインストールしたので、早速Pythonをインストールしたいところですが、ちょっと待ってください

Pythonには色々なバージョンがあり、複数のバージョンを切り替えて使いたいケースが、これから出てくるかもしれません。

そうした場合に備えて、「pyenv」をインストールします。

「pyenv」は、簡単に複数のPythonバージョンを切り替えることができるツールです。

では、「pyenv」のインストール手順を見ていきましょう。

 

1.「ターミナル」を開きます。

 

2.Homebrewで「pyenv」をインストールします。

$ brew install pyenv

 

3.「pyenv」のパスを通します。

$ echo 'export PATH="$HOME/.pyenv/shims:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

これをしておかないと、「python」と打ったときに「/usr/bin/python」を実行してしまいます。

pyenvでバージョンを切り替えるようにしたいので、「$HOME/.pyenv/shims」以下のPythonを実行するための設定です。

 

4.「pyenv」の挙動を確認します。

$ pyenv --version
pyenv 1.2.18

何かしらのバージョン番号が表示されれば、問題ありません。

 

以上で、「pyenv」のインストールは完了です。

 

Pythonのインストール

最後に、pyenvを通じて「Python」をインストールします。

 

1.「ターミナル」を開きます。

 

2.「Python」の最新バージョンを探します。

$ pyenv install --list | grep $'  [0-9]' | tail
  3.7.4
  3.7.5
  3.7.6
  3.7.7
  3.8.0
  3.8-dev
  3.8.1
  3.8.2
  3.9.0a5
  3.9-dev

「3.8.2」あたりが、最新のバージョンであると確認できました。

 

3.上で確認したバージョンを指定して「Python」をインストールします。

$ pyenv install 3.8.2

 

4.インストールできている「Python」のバージョンを確認します。

$ pyenv versions
* system (set by /Users/st/.pyenv/version)
  3.8.2

「3.8.2」がインストールできていることは確認できましたが、まだこちらのバージョンを使うような設定に切り替わっていません。

 

5.利用する「Python」のバージョンを切り替えます。

$ pyenv global 3.8.2

 

6.利用する「Python」のバージョンが切り替わっていることを確認します。

$ pyenv versions
  system
* 3.8.2 (set by /Users/st/.pyenv/version)

$ python --version
Python 3.8.2

「3.8.2」に切り替わっていることが、確認できました。

 

以上で、「Python」のインストールも完了です。

 

まとめ:Pythonインストールはpyenvで

今回は、MacBookにPythonをインストールする手順をまとめました。

準備として、Homebrewやpyenvのインストールをしたところが、少し面倒に感じる部分かもしれませんが、

  • Homebrew:Python以外のパッケージを入れたいときにも、手軽にできて便利
  • pyenv:Pythonのバージョンを簡単に切り替えることができるので、便利

という、今後に向けてのメリットもありますので、おすすめの方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました