Macのランチャー「Alfred」をインストールしてみる(画像付き)

IT
スポンサーリンク

こんにちは、サブです。

Macで作業が速い人って、ショートカットを使いこなしている感じがしませんか?

マウスを使わずに、2・3回キーを押すだけで、アプリを起動してしまう、あの動きです。

そんな動きを可能にするのが、Macのランチャーアプリ「Alfred」です。

今回は、Macに「Alfred」をインストールして、初期設定を終わらせるまで、まとめていこうと思います。

スポンサーリンク

Macランチャー「Alfred」でできること

下記のようなことが、ショートカットキーでサっとできます。

  • アプリの起動
  • ファイルの検索
  • Webの検索
スポンサーリンク

Alfredのインストール

まずは、MacにAlfredをインストールします。

下記にアクセスします。
https://www.alfredapp.com/

「Download Alfred 4」をクリックすると、dmgファイルがダウンロードされます。
「Alfred_4.0.8_1135.dmg」をクリックします。

小さいウィンドウが開きます。

「Alfred 4」アイコンを、右の「Applications」アイコンに、ドラッグ&ドロップします。

Dockの「Launchpad」>「Alfred 4」をクリックします。

「”Alfred 4″はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」と表示されますので、「開く」をクリックします。

すると、「Alfred 4 Getting Started」という、初期設定画面が表示されます。

「Begin Setup」に進んで、設定をしてみましょう。

Alfredの初期設定

Alfredは、macOSの機能を利用するため、権限の設定が必要になります。

  • Accessibility: Request macOS Accessibility access
    →「Alfred」に、macOSのアクセシビリティ機能へのアクセス許可を与える設定です
  • Full Disk Access: Open macOS Full Disk Access preferences
    →「Alfred」が、Mac内のファイルやブックマークを検索するために、必要な権限です
  • Contacts: Request maxOS Contacts access
    →「Alfred」が、連絡先にアクセスできるようにするための設定です

「Request macOS Accessibility access」をクリックすると、「アクセシビリティアクセス」画面が出てきます。

「”システム環境設定”を開く」をクリックすると、「セキュリティとプライバシー」の「アクセシビリティ」設定画面が出てきます。

画面左下の鍵マークをクリックして、ロックを解除した後に、「Alfred 4」にチェックを入れます。

ウィンドウを切り替えて、「Alfred 4 Getting Started」画面に戻ります。

2番目の「Open macOS Full Disk Access preferences」をクリックすると、「セキュリティとプライバシー」の「フルディスクアクセス」設定画面が出てきます。

フルディスクアクセスを許可する対象のアプリケーションとして、「Alfred」を設定する必要がありますので、設定を追加するために「+」をクリックします。

「アプリケーション」>「Alfred 4」を選択して、「開く」をクリックします。

「”Alfred 4″には、終了するまでフルディスクアクセスがありません。」と表示されるので、「後で行う」をクリックします。

フルディスクアクセスの対象アプリケーションに、「Alfred 4」が追加されているのがわかります。

ウィンドウを切り替えて、「Alfred 4 Getting Started」画面に戻ります。

最後に「Request macOS Contacts access」をクリックします。

「”Alfred 4″から”連絡先”にアクセスしようとしています。」と表示されるので、「OK」をクリックします。

「連絡先」のアクセス許可の対象アプリケーションに、「Alfred 4」が入っていることが確認できます。

ここまでで、AlfredにmacOS機能へのアクセス権限を与える設定はできましたので、「セキュリティとプライバシー」画面を閉じます。

「Alfred 4 Getting Started」画面で、「Restart Alfred」をクリックします。

Alfredの設定画面が表示されます。

以上で、Alfredの初期設定は完了です。

Alfredの使いかたや便利な設定は、下記でまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました