Jupyter Notebookのショートカットキーを使いこなす!【Windows版】

IT
スポンサーリンク

Jupyter Notebookには、便利なショートカットキーがたくさんあります。

今回は、Windows上のJupyter Notebookショートカットキーを、実例を交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

編集モードとコマンドモードの切り替え

Jupyter Notebookのショートカットキーを使いこなす前に覚えておきたいこととして、「編集モード」と「コマンドモード」があります。

編集モード(Edit mode)
  • セルの中に、コードや文字を入力するモード
  • セルが緑色になる
  • コマンドモードのときに Enter を押すと、編集モードに切り替わる
コマンドモード(Command mode)
  • セル自体やノートブック全体の操作をするモード
  • セルが青色になる
  • 編集モードのときに Esc を押すと、編集モードに切り替わる

編集モード

コマンドモード

 

それぞれのモードで、ショートカットキーが用意されています。

まずは、種類の多い「コマンドモード」のショートカットキーから見ていきます。

 

スポンサーリンク

コマンドモードのショートカット

H:ショートカットキー一覧を表示

ショートカットキー一覧を表示します。

※実はこちらの一覧を見れば、本記事の内容はカバーされています。。が、実例の画像つきで紹介をしていますので、少しわかりやすくなっている(といいな)と思います。

 

F:検索/置換する

ノートブック内の文字列検索ができます。

 

検索でヒットした文字列を、他の文字列に一括で置換することもできます。

 

Shift + Enter:実行して下のセルに移る

選択しているセルの実行をした後、下のセルに移ります。

下にセルがない場合は、新たに作られます。

 

 

Alt + Enter:実行して下にセルを作る

選択しているセルの実行をした後、下にセルを作って移ります。

Shift+Enterと違って、必ず下にセルを作ります。

 

Ctrl + Enter:実行してとどまる

選択しているセルの実行をした後も、そのセルにとどまります。

 

R:セルの書式を文字列にする

セルの書式を「Raw NBConvert(ただの文字列)」に変換します。

コードとして解釈されないので、実行も出来ません。

 

M:セルの書式をマークダウンにする

セルの書式を「Markdown(マークダウン)」に変換します。

 

この状態で編集モードに切り替えて、マークダウン記法で書くと、見出しなどは強調された表現になります。

さらに、Ctrl+Enterなどでセルの実行をすると、マークダウン記法が反映されます。

 

Y:セルの書式をコードにする

セルの書式を「Code(コード)」に変換します。

 

1~6:セルを見出しにする(マークダウン)

セルを、マークダウンの見出しに変換します。

 

K or ↑:上のセルに移動する

上のセルに移動します。

Shift を押しながらだと、複数のセルを選択することができます。

 

J or ↓:下のセルに移動する

下のセルに移動します。

Shift を押しながらだと、複数のセルを選択することができます。

 

A:上にセルを追加する

現在のセルのすぐ上に、セルを追加します。

 

B:下にセルを追加する

現在のセルのすぐ下に、セルを追加します。

 

C:セルをコピーする

現在のセルをコピーします。

 

X:セルを切り取る

現在のセルを切り取ります。

 

Shift + V:セルを上に貼り付ける

コピーや切り取りをしたセルを、上に貼り付けます。

 

V:セルを下に貼り付ける

コピーや切り取りをしたセルを、下に貼り付けます。

 

D,D:セルを削除する

選択したセルを削除します。

 

Z:削除したセルを元に戻す

切り取りや削除したセルを、元に戻します。

 

Shift + M:セルをマージする

選択した複数のセルをマージします。

セルを1つしか選択していない場合は、下のセルとマージします。

 

L:行番号を表示する

選択したセル内に、行番号を表示します。

 

Shift + L:全セルの行番号を表示する

全てのセル内に、行番号を表示します。

 

O:実行結果をたたむ

実行結果をたたんだり、展開したりします。

↑↓

 

編集モード

Shift + Tab:簡易ヘルプを表示する

Pythonの関数などについて、ポップアップで簡単な説明を表示してくれます。

 

Ctrl + ] / Ctrl + [:インデントを入れる/外す

Pythonの関数などについて、ポップアップで簡単な説明を表示してくれます。

 

Ctrl + / :コメント行にする

行頭に「#」を追加して、コメント行にしてくれます。

 

Ctrl + BackSpace / Ctrl + Delete:カーソル前/カーソル後の単語を削除する

カーソルの前にある単語や、後ろにある単語を、単語ごと削除してくれます。

 

Ctrl + Shift + –:セルを分割する

カーソルの前後の行で、セルを分割してくれます。

 

おわりに

今回は、Windows上のJupyter Notebookショートカットキーを、実例を交えて紹介しました。

Windows PCへのJupyter Notebookインストールは、別の記事でまとめていますので、もしまだインストールをしていなくて興味がある方は、見て頂けるとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました