SMBC日興証券でのクロス取引のやり方まとめ【つなぎ売りの方法を画像付きで紹介】

株主優待
スポンサーリンク

こんにちは、サブです。

 

クロス取引で効率よく株主優待をもらいたいけど、やり方が分からず戸惑ったりしていませんか?

今回は、SMBC日興証券でクロス取引をする場合のやり方を、画像付きでご紹介をしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

SMBC日興証券でのクロス取引全体の流れ

まずは、SMBC日興証券でクロス取引をする場合の、全体の流れになります。

  1. 信用売をする
  2. 信用買をする
  3. 現引をする
  4. 現渡をする

ざっくりとは、この4ステップになります。

 

それでは、それぞれのステップについて詳細に追っていきましょう。

 

スポンサーリンク

信用売をする

まずは、「信用売」からです。

SMBC日興証券にログインした後、狙っている「銘柄名」や「銘柄コード」を入れて検索します。

 

対象の銘柄の個別ページに来ます。ここで「信用取引」に進みます。

 

信用新規売り」に進みます。

 

「信用取引」画面に来ます。

ここで、それぞれの項目を入力・選択して、注文に進みます。

返済期限3年(一般信用)
注文数量(希望の株数)
注文単価成行(執行条件は「なし」)
期間指定当日中

「返済期限」を「6ヵ月(制度信用)」とすると、逆日歩という思わぬ費用がかかってしまうリスクがありますので、安全にクロス取引をしたい場合は、「3年(一般信用)」がおすすめです

 

注文が完了します。念のため注文状況を確認したいので、「注文約定一覧・取消・訂正」に進みます。

 

しっかりと「売買:売」「区分期限:新規3年」など、先ほどの注文内容が記録されていることが確認できます。

 

以上で「信用売」の注文は完了です。次に「信用買」を見ていきましょう。

 

信用買をする

次は「信用買」をします。

 

先ほど確認した「注文約定状況」から、対象の銘柄をクリックします。

回りくどいやり方ですが、「信用売」した銘柄と別のものを「現物買」してしまうというミスを極力減らすための、おすすめの方法です。

 

対象の銘柄の個別ページに来ます。ここでまた、「信用取引」に進みます。

 

信用新規買い」に進みます。

 

「信用取引」画面に来ます。

ここで、それぞれの項目を入力・選択して、注文に進みます。

返済期限3年(一般信用)
注文数量(信用売と同じ株数)
注文単価成行(執行条件は「なし」)
期間指定当日中

 

注文が完了します。念のため注文状況を確認したいので、「注文約定一覧・取消・訂正」に進みます。

 

「信用売」「信用買」ともに、同じ銘柄・同じ株数の注文が確認できます。

 

現引をする

翌営業日に「信用売」「信用買」ともに約定したら、次は「現引」をします。
「現引」は「信用買」を現金で「現物株」にすることで、SMBC日興証券では手数料はかかりません。

 

トップページから「お取引」と進みます。

 

建玉一覧(返済・現引・現渡)」に進みます。

 

「信用建玉一覧」画面に来ます。対象銘柄のうち、売買が「」の方を見ると、「現引」というリンクがあるのでクリックします。

 

「現引注文」画面に来ます。「注文数量」に希望の株数を入れて、「注文内容を確認する」に進みます。

 

確認画面に来ます。「取引暗証番号」を入力し、「注文」に進みます。

 

注文完了後、「注文約定一覧・取消・訂正」にいくと、対象銘柄が「現引」で注文されていることが確認できます。

 

以上で、「現引」は完了です。

 

現渡をする

権利付最終日が過ぎたら、最後は「現渡」です。

ここは忘れないように、しっかりとカレンダーなどに予定として入れておくことをオススメします。

 

トップページから「お取引」に進みます。

 

「お取引」画面に来ます。「建玉一覧(返済・現引・現渡)」に進みます。

 

「信用取引 – 建玉一覧(返済・現引・現渡) -」画面に来ます。対象の銘柄について「現渡」をクリックします。

 

「信用取引 – 現渡注文 注文入力 -」画面に来ます。「注文数量」に株数を入力し、「注文内容を確認する」に進みます。

 

注文する」に進みます。

 

「信用取引 – 現渡注文 受付完了 -」画面に来ます。確認のため、「注文約定一覧」に進みます。

 

注文一覧に、現渡の注文が表示されていることが確認できます。

 

以上で、「現渡」は完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました