【4月株主優待】クロス取引おすすめ銘柄【2020年4月】

株主優待
スポンサーリンク

こんにちは、サブです。

2020年4月の株主優待を得るために、クロス取引の候補となる銘柄をまとめます。

スポンサーリンク

4月株主優待の銘柄ピックアップ

ピックアップの方針

下記のような条件で、銘柄をピックアップをしました。

  • SBI証券で一般売りが可能
  • 手数料負けしない
  • 期待利益が1,000円以上
  • ただし、長期保有で数年後に1,000円超えそうであれば、現時点で期待利益が1,000円未満でも採用
  • クオカードなどの金券の場合も、期待利益が1,000円未満でも採用

下記の想定で、手数料・優待品の価値・利率などをシミュレーションしています。

  • SBI証券で売買
  • 手数料:一般信用短期売りで権利落ち日の14営業日前に約定
  • 価値:優待内容の相当額、もしくは、ヤフオクでの落札相場から「落札手数料」と「送料」を差し引いた金額
  • 利益:価値 – 手数料
  • 利回り:利益 / 金額

「手数料」や「利益」など、あくまで概算ですのでご留意ください。

一覧表

それでは、4月の株主優待銘柄の候補を一覧します。

コード銘柄名優待内容金額手数料価値利益利回り
2198アイ・ケイ・ケイお菓子¥57,900¥334¥1,500¥1,1662.01%
2695くら寿司食事券¥342,000¥1,277¥2,500¥1,2230.36%
2910ロック・フィールドおそうざい券¥1,360,000¥4,222¥8,033
(ヤフオク)
¥3,8110.28%
6630ヤーマン割引券¥65,700¥352¥5,000¥4,6487.07%
7605フジ・コーポレーションギフトカード¥163,100¥1,292 ※1¥5,000¥3,7082.27%
※1:1年以上保有が必要なため、4月・10月でクロス取引をする想定

以上です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2020年4月にクロス取引で狙う株主優待銘柄をピックアップしました。

3月が対象銘柄が多かったのに比べて、4月は銘柄数がガクンと減ります。

ただ、利回りがよい銘柄がいくつかあります。

「ヤーマン」は、SBI証券で早い段階から一般信用売りで入っても、7.07%という高い利回りが期待できます。美顔器などでも有名なメーカーですので、ちょうど買いたい商品がある場合は、おすすめの銘柄です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました