CentOS7をWindows10のVirtualBoxに導入

IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

Linux環境が欲しかったので、Windows10にVirtualBoxを入れて、CentOS7を導入しました。

スポンサーリンク

ISOダウンロード

CentOSのダウンロードページ から「Minimal ISO」をダウンロード。
下記ページでミラーがたくさん出てきたので、とりあえず一番上のリンクから。

新規仮想マシンを作成

VirtualBoxで「新規」をクリックして、下記の項目を設定

項目
名前CentOS7
タイプLinux
バージョンRed Hat (64-bit)
メモリーサイズ4048MB
ハードディスク仮想ハードディスクを作成する
ハードディスクのファイルタイプVDI (VirtualBox Disk Image)
物理ハードディスクにあるストレージ可変サイズ
ファイルの場所変更なし
ファイルのサイズ100GB

仮想マシンの起動

  1. VirtualBoxで「起動」をクリック
  2. 「起動ハードディスクを選択」で、ダウンロードしたISOファイルを指定
  3. 「Install CentOS Linux 7」を選択
  4. 「インストール時に使用する言語」で「日本語」を選択
  5. 「インストール概要」で「インストール先」だけ「自動パーティション設定が選択されました」と赤字で表示されているのでクリック。遷移先で「完了」
  6. インストールが開始されるので、その間に「ROOTパスワード」と「ユーザーの作成」を済ませる
  7. しばらく待つとインストールが完了するので、「再起動」をクリック
  8. 再起動されて、しばらく待つと「localhost login:」が表示されて、無事にCentOS7が起動!

ユーザーにsudo権限を与える

  1. visudoでユーザーにsudo権限を与える [root@localhost ~]# visudo … ## Allow root to run any commands anywhere root ALL=(ALL) ALL tanaka ALL=(ALL) ALL #この行を追加 …
  2. ユーザーでsudoが実行できるか確認 $ sudo echo $USER tanaka ⇒sudo実行できた!

おわりに

VirtualBoxにCentOS7を導入しましたので、次回はホスト側のWindows10からゲスト側のCentOS7にSSH接続をするための設定をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました