「コミックだからわかる! 相手の本音を見抜く仕事の心理術」の読書メモ

ビジネス
スポンサーリンク

「コミックだからわかる! 相手の本音を見抜く仕事の心理術」の読書メモ

スポンサーリンク

メモ

信頼感を得るために

  • 相手に好きなことを話させてあげることで、信頼感を得る
  • バックトラッキングを利用すると、相手に話続けてもらいやすくなる

バックトラッキング

  • 相手が言ったことを繰り返して、後ろに5W1Hなどの質問をつけ加える
  • 適度に驚きをつけ加える

信頼を得るための逆の手順

  • 通常は、「相手を信頼する」⇒「重要な話をする」
  • 認知的不協和の解消を利用すると、「重要な話をする」⇒「相手を信頼(したから重要な話をしたんだ)」

認知的不協和の解消現象

  • 自分の都合のよいように、事実を捻じ曲げて落ち着かせようとする性質

返報性の原理

  • 聞き役に徹する。相手が十分に話したら「相手の話も聞いてあげよう」という感情が芽生えるので、そこで売り込みたい情報を伝える。

自己決定の優位性

  • 選びやすい選択肢を提示することで、相手に判断を促す
  • 自分で決めたものはいいものだ、と思う性質があるので、意思が固くなる

意志の力を鍛えるために

  • 意思の力は、脳の前頭葉が司っている
  • 前頭葉は運動やヨガや瞑想など、自分で決めたことを定期的にやり遂げることを続けることで鍛えることができる。結果として、意思の力が強くなる

損得の差

  • 人間は「得ること」よりも「失うこと」の方がインパクトを大きく感じる。
  • 例)昇給より降給の方が切羽詰まって何とかしなければ、という気持ちになる

味方を増やす

  • 得意な知識やスキルを人に提供することは、その人にとって喜びであり、相手との関係を深めることにつながる。
  • 相手の得意なことで頼るのは、最高の誉め言葉なる。
  • 人には、助けて「あげた」人を好きになる性質がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました