BackWPupでWordPressのデータバックアップを設定

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

WordPressでブログを始めてから、下書きも含めてそこそこに記事がたまってきました。

ただ、WordPress上のデータのバックアップについては何も手を付けておらず、この状態で不慮に事態によりデータ消失となってしまうと痛手ですので、バックアップの設定をしようと思います。

スポンサーリンク

バックアップの方法

WordPressのデータをバックアップするために、たくさんのプラグインが存在するようです。

今回は以下の記事を参考に「BackWPup」というプラグインを使ってバックアップを実現したいと思います。

参考:BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

BackWPupプラグインの設定

まずは「BackWPup」のインストールをします。

WordPress管理画面の「プラグイン → 新規追加」の順でクリックします。

「プラグインを追加」画面右端の検索ボックスに「BackWPup」と入力すると、一番上に対象のプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。

管理画面の左メニューに「BackWPup」が追加されます。
「BackWPup → 新規ジョブを追加」とクリックします。

ファイルの自動バックアップの設定

一般

  • このジョブの名前:ファイルの自動バックアップ
  • このジョブは…:「ファイルのバックアップ」のみチェックを入れる
  • アーカイブ名:デフォルトのまま
  • アーカイブ形式:Zip
  • バックアップファイルの保存方法:「Dropboxにバックアップ」のみチェックを入れる
  • ログの送信先メールアドレス:デフォルトのまま
  • メールの送信元:デフォルトのまま
  • エラー:チェックを入れる

スケジュール

  • ジョブの開始方法:WordPressのcron
  • スケジューラーの種類:基本
  • スケジューラー:毎週日曜日3:00

ファイル

  • すべてデフォルトのまま

宛先: Dropbox

  • Dropboxのアプリへのアクセス:「Dropboxのアプリ認証コードを取得」で取得したコードをテキストボックスに入力
  • 保存先フォルダー:/あらためブログ/ファイル/
  • ファイルを削除:15

以上で「変更を保存」をクリックします。

動作確認

  • 「今すぐ実行」をクリックします。
    バックアップが実行開始され、「ジョブ完了」と表示されればバックアップが完了です。
  • Dropboxにアクセスして、対象のバックアップファイルが作成されていることを確認出来たら成功です。

データベースの自動バックアップの設定

ファイルの自動バックアップの設定と同じように、データベース上のデータもバックアップするよう設定をします。

一般

  • このジョブの名前:データベースの自動バックアップ
  • このジョブは…:「データベースのバックアップ」「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れる
  • アーカイブ名:デフォルトのまま
  • アーカイブ形式:Zip
  • バックアップファイルの保存方法:「Dropboxにバックアップ」のみチェックを入れる
  • ログの送信先メールアドレス:デフォルトのまま
  • メールの送信元:デフォルトのまま
  • エラー:チェックを入れる

スケジュール

  • ジョブの開始方法:WordPressのcron
  • スケジューラーの種類:基本
  • スケジューラー:毎日3:00

DBバックアップ

  • バックアップするテーブル:すべてにチェックを入れる
  • バックアップファイル名:デフォルトのまま
  • バックアップファイルの圧縮:Gzip

プラグイン

  • すべてデフォルトのまま

宛先: Dropbox

  • Dropboxのアプリへのアクセス:「Dropboxのアプリ認証コードを取得」で取得したコードをテキストボックスに入力
  • 保存先フォルダー:/あらためブログ/データベース/
  • ファイルを削除:35

以上で「変更を保存」をクリックします。

動作確認

  • 「今すぐ実行」をクリックします。
    バックアップが実行開始され、「ジョブ完了」と表示されればバックアップが完了です。
  • Dropboxにアクセスして、対象のバックアップファイルが作成されていることを確認出来たら成功です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました